アウディ ジャパン、坂本龍一氏EUツアーをスポンサリング

アウディジャパンが坂本龍一氏のヨーロッパツアー「Ryuichi Sakamoto Playing the Piano 2009 Europe」に協賛するとのことで、その記者会見が行われました。

Ryuichi Sakamoto & Mr. D. Besche, CEO of Audi Japan

よくある冠スポンサーではなく、環境保護活動の一環とのこと。

今回の協賛にあたり、6カ国全28公演におよぶ坂本龍一氏のヨーロッパツアー中の移動に関わるCO2排出量として算出される30トンをオフセットします。

なぜ坂本龍一氏かというと、

坂本龍一氏は、環境問題に対して様々なメッセージを発信し続けており、自身も2007年に有限責任中間法人「more trees」を設立するなど積極的な取り組みを行っていることでも知られています。坂本龍一氏が2006年に設立した新しい音楽創造・発信基地であるレーベル「commmons」が発売するCDは全てカーボンフリーとなっており、名実ともにグリーン・レーベルの先駆的存在です。

ということで、彼の活動とAudiの活動が共鳴したということですね。

同時に、アウディ創立100周年記念プロジェクト 「アウディ100周年 ~100歳の夢を叶える~」についても発表され、100歳を超えたなお元気な舘岡寿美子さんと曻地(しょうち)三郎さんの紹介とトークがありました。
100年という年月の重みを感じることができる写真展「「アウディ100周年 ~100歳の夢を叶える~」は9月21日から29日までAudi Forum Tokyoで開催されます。

3

Car watchに詳細なレポートがアップされています。
http://car.watch.impress.co.jp/docs/news/20090909_314269.html


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です